>  > 95355 デイトナ PROGRIP 3458 トップラインゴーグル ホワイト

95355 デイトナ PROGRIP 3458 トップラインゴーグル ホワイト

病害虫図鑑

かんきつの花に飛来するコアオハナムグリの成虫(山口県農林総合技術センター農業技術部柑きつ振興センター・東浦祥光氏提供)

95355 ファイバー デイトナ PROGRIP 3458 可倒式Rタイプ トップラインゴーグル ホワイト


 コアオハナムグリは、体長10~15ミリの小型のハナムグリだ。背面の体色は緑色で白い斑点がある。全国各地に広く分布して、さまざまな植物の花を訪れる。かんきつでも開花に合わせて飛来し、花を訪れた成虫が花粉や蜜を食べる際に、頭部を花の内部に潜り込ませ、脚で子房(果実になる部分)を傷つける。この時の傷が果実肥大後の果皮に線状の傷害痕として残り、外観上のとなる。

 中晩かん類でが発生しやすい。4月中・下旬に越冬後の成虫が出現して交尾産卵し、晩春から夏にかけて幼虫は土壌中の腐植を食べて成長し蛹化(ようか)する。8~10月には新成虫が羽化し、短い活動期間の後に越冬する。5月と9月に成虫の発生ピークが見られるが、前者は越冬成虫、後者は新成虫による。
 

防 除


 成虫は、かんきつ園周囲の樹林地等から飛来するため、園内外の白い花を定期的に観察して発生状況を把握する。

 防除では殺虫剤を散布する。少発生の時は温州ミカンでは開花初期に1回、中晩かんでは開花盛期に1回散布する。多発生の時は開花初期と盛期に2回散布する。かんきつの開花期にはミツバチも活動しているため、付近の養蜂に注意してミツバチに悪影響が生じないように配慮する。

(農研機構・果樹研究所カンキツ研究領域上席研究員・望月雅俊)
 

注 意


・記事中の農薬は掲載日時点の登録薬剤です。
・筆者の役職は当時の役職です。
・掲載日:2013/8/7

おすすめ記事

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-24144