>  > Proof プルーフ レインウェア STRETCH II RAIN PANTS, BLACK Size:XXL

« 夏風邪? | トップページ | 金曜ロードSHOW! 「耳をすませば」・・・ »

STRETCH PANTS, プルーフ BLACK II Proof STRETCH プルーフ Size:XXL RAIN レインウェア

今回のカンブリア宮殿のゲストはザ コカ・コーラ カンパニー CEOムーター・ケント さんで

す。

今さらながらのコカ・コーラさんを1時間で語るなんて出来ませんよね。

なぜ、今、コカ・コーラだったんでしょう?よく分かりません。

アトランタの本社内や工場は格好良かったです 

2012年の売上は4.8兆円。世界シェアは22.9%でもちろんナンバーワン企業 ヘルメット バイク 72JAM JET CUSTOM PAINT BURNS PK/BK ジェットヘルメット JCP-03 【送料無料】。

15万人が働き、世界で500ブランド、3500種類の飲料が売られているそうです。

なんだか凄過ぎてイメージが湧きませんね  

1時間に10万本のコーラを詰める工場のシーンは、あの猛烈なスピードで生産しても掃け

るんだなぁ~と言う凄さの実感がありましたね DIXCEL (ディクセル) リア ブレーキパッド RN 1350571 フォルクスワーゲン GOLF IV 1EAGG 2.0 CABRIO 99~。だって詰めてる所なんて早すぎて見えない

んだもん。

コカ・コーラは元々は原液に炭酸水を混ぜて、薬局で売っていたらしい。無料クーポン

など色々な工夫をして地道に商圏を拡大して行った。

つい最近まで、コカ・コーラが販売されていない国が3つあったそうです。

キューバ、北朝鮮、そしてミャンマーです。その中でミャンマーは既に生産・販売が始ま

ったそうです。ミャンマー豆知識ですが、同時期にペプシコもミャンマー参入を図り、

コカ・コーラ対ペプシの戦いがミャンマーでも繰り広げられているそうです。ハイ。

ミャンマーでは500mlペットボトルが1本40円と紹介されていました。キャンペーンで無料

にしてまずは浸透させることに注力しているってことでした。

無料キャンペーンと相まって、商店の看板やパラソル、冷蔵庫など、あのコカ・コーラの

赤を大々的に広めるキャンペーンをやっているとのこと。なるほど日本でも赤い冷蔵庫

はパン屋さんなどに良く置いてありましたね 【メーカー在庫あり】 アールズギア r's gear アクティブコンフォート スタンドハイトブラケット 全年式 BMW K1600GTL BB12-SB00 HD店。自販機の赤も良く目立つ。

自販機業界では圧倒的に『赤』のコカ・コーラさんが強いらしいです。

金言もいっぱいありました。

『常に前向きな意味で不満であれ』・・・。

『成功を繰り返せる環境を整えることがCEOの仕事』・・・。

『良い印象を持って貰うだけではもはや売れない。ブランド愛にまで高める事で初めて

モノが売れるようになる 16インチ サマータイヤ セット【適応車種:アルト(HA36系)】WEDS レオニス FY BMCミラーカット 5.0Jx16ZIEX ZE914F 165/45R16。』・・・。ソーシャルメディアが重要なのだそうです。

デザインの管理具合や、世界をボトラーシステムと言うフランチャイズ形式で運営して

いることなども紹介されておりました。

もう完璧すぎて・・・ハハ~っ <m(__)m> って感じでした セット OF TWO: ATV Tubeless Tire 19x7-8 (175/80-8) (P80) フィット ROKETA ATV RTK RTS Series (海外取寄せ品)。

おやおやと思ったのは、コカ・コーラさんの世界ブランドの中で、アクエリアスは人気ブラ

ンドだったんだと言う事。

。世界中で売られているそうです。

元はと言えば、ポカリスエットですもんね。ポカリが出てから、コカ・コーラもアクエリアス

を作った訳ですが、ポカリは世界中のブランドには成長していないんでしょうからね。

この辺りはコカ・コーラの強みなんでしょうね~。

ムータ・ケントさんは120年かけて築き上げた今の4.8兆円と言う売上を今後10年で倍に

すると目標を建てて公言されています。

『時の流れ・・・』と言うには凄すぎる数字です。リアルな目標として設定し、グループ売上

を倍にする。革新が必要だと笑っておられました。

村上龍さんが『一日1本飲んでいたコーラを2本にする』ってことですか?と尋ねていまし

たが、そうではないとムータ・ケントさんは言ってましたね。

世界シェア22.9%を動かさずに2倍にするなんてことはあり得ない訳で、人口が膨張する

中で、シェアを維持しても増える量はあるんでしょうが、やはり分捕り合戦に勝つってこと

ですよね。とどのつまり、人口増加分はマイナスしても1日1本+αを飲んで貰わなきゃ

達成できない値でしょうから。

コカ・コーラみたいに巨大になりすぎると、現状維持なんて目標を出すと、すぐに動脈硬

化が始って大企業病が蔓延してしまうから、舵とりも大変なんでしょう。。。

最後に①肥満対策として、低カロリー飲料の開発、②水資源の保全にも取り組んでいる

と社会貢献面も紹介して、番組は終了しました。

村上龍さんの編集後記です。

コカ・コーラ・カンパニー、もっとも有名な世界企業の一つだ。その、CEOであるムーター・ケ

ント氏、自家用ジェット機で世界中を駆け巡り、冷徹非情な決定を次々に下していく、近寄

りがたいビジネスの鬼、みたいなイメージがあった。だが間近で話すうちに、その先入観は

簡単に覆った。実際のケント氏は、まるで50年代のアメリカのホームドラマに登場するお父

さんみたいだった。

「会議にはあまり意味がない、それより現場に行くのが好きだし大事です」

最先端の巨大グローバル企業のトップに、どういうわけか、「古き良きアメリカ」や「南部の

ホスピタリティ」を感じてしまったのである。地球上で、何十億人が飲むコカ・コーラ、その魅

力の秘密を、垣間見たような気がした。

私にとってのコカ・コーラの最初の思い出はヨーヨーですね。

ヨーヨーはコーラの赤いヤツを持ってましたが、炭酸がキツ過ぎてもっぱらファンタ専門。

ファンタ・アップルが出た頃に、スプライトに挑戦をして、コカ・コーラに進化して行きまし

た。スプライトの濃い緑のビンから、あの独特な形状の薄い緑?青?のビンへと移った

時に大人になったと思ったものです。 。。

コカ・コーラは凄いですね~。

Proof プルーフ レインウェア STRETCH II RAIN PANTS, BLACK Size:XXL