>  > コミネ EK-103 エレクトリックインナーパンツ12V KOMINE 08-103

コミネ EK-103 エレクトリックインナーパンツ12V KOMINE 08-103

コミネ EK-103 エレクトリックインナーパンツ12V KOMINE GIVI:ジビ【34L】【ストップランプなし】【汎用ベース付属】E340Nモノロックケース【無塗装ブラック】 08-103 ライダー

KOMINE KOMINE エレクトリックインナーパンツ12V 08-103 コミネ 08-103 EK-103

どこの国でもどう面倒でエネルギーがかかっても、やめてしまうことができない昔ながらの伝統的な慣習があるものです。日本にも、そういった慣習がいくつかあるのを知っています。

そのひとつが、例えば、正月料理の『お節料理』です。

僕は日本人ではないので本当のところはわかりませんが、多くの若い日本人の話では作るにはたいへんな手間と時間がかかるらしいです。毎年(自分たち世代はお節料理がそれほど好きではないのに)お母さんやおばあさんが一生懸命におせちを作って、家族のみんながしぶしぶ食べるのだといいます。これを買おうとすると、どこの店でもびっくりするほど値段が高いようです。

とにかく、僕が "Do you like o-sechi?" と聞けば、たいてい "So-so." という答えになります。ほんとに、判で押したように、みんなが "So-so."

この日本人のよく使う "So-so." という表現は僕にとってちょっと不思議に聞こえるんです。

(English version for international readers will follow the Japanese content)

日本の人が大好きな"So-so"、英語としては『まぁまぁ』です

どんなに英会話が苦手でも 、たとえ英単語が20ぐらいしか使えない日本人でも、皆 "So-so" を知っています。これはどうしてでしょうか?

僕が考えるにもしかして、

コミネ EK-103 エレクトリックインナーパンツ12V KOMINE 08-103,[#tong##]

1. 防風素材使用2. ストレッチ素材使用3. プラグ収納ポケット4. 電源スイッチ5. カバー付きバッテリーハーネス接続プラグ6. スプリットハーネス7. バッテリーハーネス8. ヒューズ車載バッテリーからの直接給電により作動する発熱ユニットを内蔵するインナーパンツ。内蔵のカーボンファイバーヒーターが腿から膝をしっかり暖めます。前面を防生地、背面は伸縮ストレッチ生地を全面に使用した、重ね着しやすい薄手の仕様。給電用コネクターは左腰のジッパー付きポケットに収納可能。電源取出し用ハーネスと分岐ハーネス、そして4種のヒューズ(5A/7.5A/10A/15A)が付属。最大消費電流3.6A/43.2W/DC12V。■ メーカー希望小売価格:17,000(税別)■ 関連商品・ EK-104 バッテリーハーネスセット※ 商品は予告なく仕様変更や販売終了している場合がございます。モニター環境により掲載商品と実際の商品とは、色合い・素材感が異なる場合があります。暖かい あたたかい 電熱 バイク ウィンター インナー 秋冬 EK103

、この言葉は日本人にとって特に覚えやすいんじゃないでしょうか。"so"という音は日本語の「そう」という音節に似ているのでいいやすいでしょう?しかも "so" を繰り返すと、なんとなくいいリズムが出ます。

親しみやすい音がリズミカルな形で繰り返すので、覚えやすいのではないかな?しかし、おもしろいのは、僕の経験ではこの言葉を使うのは日本の人だけなんです!

"so-so" と言うのはもちろん、英語に本当に存在する言葉なので間違いだというわけではありません。ただ、それ以外の同じ意味でネイティブがよく使う言葉も知ってほしいと思います。今回は「まぁまぁ」と言いたいときのレパートリーをアップしましょう!!

1・いちばんよく使う『まぁまぁ』... "okay" と "alright"

まずはだれもが選ぶものから始めましょう "okay" と "alright" 。

日本の人は大体 "okay" と "alright" に対して、ポジティブなイメージがあるようなので、「まあまあ普通」のニュアンスで "okay" と "alright" を使うのは少し変だと思うかもしれません。

例えば、もし友達に "Do you want to go for some ice cream?" と聞かれて
それはいいアイデアだと思ったら、積極的に "Okay!" や "Alright!" と言いますよね。

ところが、文の主語を省略しないでフル・センテンスで
"The film was okay." や "They're alright." などのように使うと 【メーカー在庫あり】 DJI DJI Osmo ハンドルセット(ジンバルとカメラは別売) D-104855 HD、ネイティブの間では「まあまあ」や「普通」の意味になるんです。

映画や食べ物の批評をするときに、

"How's your meal?" -"It's okay." 「料理はどう?」「普通。」
"Can you ski?" -"Yeah, I'm alright at skiing."「スキーはできる?」「うん、まあまあできる」

批判的なニュアンスはあまりなく 【送料無料】 225/40R18 18インチ BIGWAY ビッグウエイ B-WIN ヴェノーザ9 7.5J 7.50-18 DUNLOP ダンロップ ルマン V(ファイブ) サマータイヤ ホイール4本セット、何かを「まぁまぁ普通」と評価するときに使いやすい表現です。

2・悪くないよ、『まぁまぁ』かな... "not bad"

"okay" と "alright" の代わりに "not bad" も同じ意味で使えます。"bad" の前に "too" や "so" をつけ加えると、自分の意見をより少し和らげることができます。

His style is not bad." 「彼のスタイルも悪くないかな」
His style is not (so) bad." 「彼のスタイルもそんなに悪くないかな」)

3・うーん、わかんない。『まぁまぁ』かな...文末に "I guess"

また、よくネイティブは話し言葉の文末に "I guess" を付けます。特にあるものなどが好きか好きじゃないか、微妙だ、あまりわからない、というときに使います。

"Did you enjoy the party?" "It was alright, I guess."
「パーティー楽しかった?」「(まぁまぁ)普通かな」

4・『まぁまぁ』普通かな..."average"

「好きではない」というわけではないが、そんなに熱心に称賛してるわけではない "average"。

"average" を強調するときには "just" が使えます。

"I like his music, but his recent output has been (just) average"
「彼の曲が好きだけど、最近発表したのはごく普通」

5・『まぁまぁ』あんまりかな..."nothing special"

あまり乗り気ではない "nothing special" というフレーズもあります。

"Their coffee is cheap, but it's really nothing special."
「あそこの店のコーヒーはもちろん安いけど、味は普通かな」

6・良くも悪くもなく『まぁまぁ』..."mediocre"

これに続いて "mediocre"。古フランス語由来の「中道」を意味する言葉です。

"His performance in that film was mediocre"
「彼のその映画の演技は良くも悪くもなかった」

7・『まぁまぁ』我慢できるけど..."tolerable" と "passable"

最後に 18インチアルファードハイブリッド20系ENKEI パフォーマンスライン PF01 スパークルシルバー 8.0Jx18トランパス LU2 235/50R18 【店舗取付サービス】【Z33 フェアレディZ セントラル20】Z33 Zスポーツ クーリングボンネット カーボン製、一番マイナスな意味あいで使うのは "tolerable" と "passable" かもしれません。

"California-roll is not real Sushi, but it's passable."
「 カリフォルニアロールって、本物の寿司じゃないけど カワサキ純正 カウリング ロア 右 黒 55028-0085-11J JP店、まずくはない。」

"tolerable" と "passable"はかなり少し消極的な意味合いなので、使うときは注意してください!うっかり誰かを傷つけないように!


さて、最後に英語圏で "So-so" を実際に使うか、という話に戻ります。
たぶん地域にもよりますが、ネイティブ同士ではあまり聞きません。すくなくとも日本人はこのフレーズを少し使いすぎる、と感じます。

次に "How are you?" や "How's it going?" と聞かれたら、

"I'm so-so." より "I'm okay." や "I'm alright, thanks."のように答えてみませんか?

When Everything Is Just "So-so"!

Sometimes there are traditions that are kept going, even if they are burdensome or simply annoying for people. In Japan I have observed different cases of this, but one of them that stands out is new year cooking, mainly o-sechi. Many Japanese people don't even seem to like o-sechi, and it's supposed to be time-consuming to prepare, and even expensive to buy ready-made. I am often told by Japanese people and students alike that this meal is not so tasty, but they prepare and eat it anyway. Often when I ask "Do you like o-sechi?", the answer I'm met with is "So-so".

This word, "so-so" is curious. Every student I have ever taught in Japan knows this word; even extremely low level students who probably have a repertoire of about twenty words know this word. Perhaps everyone knows this word because it is so easy to remember; the syllable "so" is nothing unfamiliar to Japanese speakers, and the doubling-up of "so" makes it rhyme. Anything rhythmic is always much likelier to be memorized! But the thing is, the only people I ever hear use this word are Japanese. First of all, it should be noted that this word is not incorrect. It is, of course, a real English word. So, instead of telling you to stop using this word, let's try to improve your repertoire of words and look at what natives are more likely to use! Then, if we don't say "so-so", what kinds of words do we use?

1. "Okay" and "Alright"
Naturally, let's start with the most obvious choices, "okay" and "alright". This may be a confusing point, because these words tend to give a more positive image. For example, if you are asked something like:

"Do you want to go for ice cream?", you can simply say "Okay!" or "Alright" dictate that you like the idea. However, we also use them to describe something as まあまあ or 普通. Perhaps, because these words have more of a positive nuance, they "soften the blow", so to speak".

"How's your meal?" "It's okay." 「料理はどう?」「普通。」
"Can you ski?" "Yeah, I'm alright at skiing." 「スキーはできる?」「うん、まあまあできる」

2. Adding "I guess"
Often in natural speech, we add "I guess" at the end, especially if we're not sure whether we like it or not.

"Did you enjoy the party?" "It was alright, I guess." 「パーティー楽しかった?」「普通かな」

3. "Not bad"
We can also use "not bad" in place of "okay" or "alright" to the same effect. Adding "too" or "so" before "bad" helps to soften the opinion:

His style is not (so) bad." 「彼のスタイル悪くないかな」

4. "Just average"
From here, there are other phrases that sound a bit less enthusiastic, although they still don't necessarily express a dislike. "Average" is possibly the most neutral-sounding word you can use:

"I like his music, but his recent output has been (just) average" 「彼の曲が好きだけど、最近発表したのは普通ぐらい」

5. "Nothing special"
You can also have a go at using the not-so-enthusiastic "nothing special":

"Their coffee is cheap, but it's really nothing special." 「その店のコーヒーはもちろん安いけど、味は普通かな」

6. "Mediocre"
Even less enthusiastic is "mediocre":

"His performance in that film was mediocre" 「彼のその映画の演技は良くも悪くもなかった」

7. "Tolerable" and "Passable"
Finally, the most negative of the bunch are probably "tolerable" or "passable". These are also often used when comparing something to something better. For example, many Westerners in Japan often say:

"Pizza in Japan is not real pizza, but it's passable."「 日本のピザって カワサキ純正 スイッチ アッシー 27045-5165 JP店、本物じゃないけど、まずくもない。」

These words are quite unenthusiastic, though, so please use them cautiously!

Neill McKeever

関連サービス

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-51464